今年も残すところあとひと月となりました。

 

最近はテレビをつけても、新聞を開いても、大相撲の話題ばかりですが・・・・

12月は意外とスポーツの大会が盛んな時期でもあります。

・福岡国際マラソン (あの公務員ランナーも参加)

・FIFAクラブワールドカップサッカー (日本からは浦和レッズがでます)

・甲子園ボウル (アメリカンフットボール))

・全国高等学校駅伝競走大会  (未来のマラソンランナー)

・有馬記念 (サブちゃん所有馬の最終ラン)

・全日本フィギアスケート選手権   などなど・・・

外は寒い時期ではありますが、競技する選手からは熱い情熱をいただけますよね!

お忙しい合間のスポーツ観戦も是非。

 

さて、小生にはもう一つの観戦!? が・・・・

事務室の横の中庭に芽を出してくれた 「松」

今年の秋口に現れ順調に育っております。

北陸の寒い冬を乗り越え、たくましく成長していく姿を日々楽しみに、

今年の残りを過ごしてまいります。

 

みなさまもお身体ご自愛の上、充実した日々を過ごされますように !! 松.jpg

11月は旧暦で「霜月」・・・

文字通り霜が降る月という意味なのでしょが、

まさに朝晩の冷え込みは、厳しくなってきましたね。

 

一方で木々の紅葉が進む時期でもあります。

小松市内も、市役所前から小松高校にかけて色鮮やかです。

 

あっという間に寒い冬がやってきて、今年もあとわずかになりますが、

みなさん お身体にはご自愛の上、充実した日々を過ごされますように !

 

4343.jpg

 

余談ですが・・・・

11月1日は「寿司の日」というのをご存じですか?

歴史は古く1961年に制定、歌舞伎の演目「義経千本桜」の物語に由来しているそうです。

終わってみれば8月もあっという間・・・

だと感じておられる方も多いと思います。

ほんとに月日の経つのははやいものです。

 

さて、9月の季語には、鰯、鮭、鯊、鰍、と魚へんがたくさん。

スポーツ・読書、とならび、食欲の秋 でもあります。

夏場に減退した食欲を取り戻すためにも、今晩はお魚料理にされては

いかがでしょうか・・^^

 

朝夕に吹く風も爽やかになってきました。

クリニックの周りも緑が生き返ったようです。

 

今月も皆様方にとって素晴らしい時間となりますように・・

 

111.jpg

先日、当クリニック内で火災通報訓練を実施いたしました。

4月に新しい仲間も増えました。

職員全員が危機管理意識を更に高め、

安心して皆様方がご来院いただけますよう、

心がけてまいります。

IMG_7370.JPG

FullSizeRender (002).jpg休診日に合わせクリニックの外窓のクリーニングを行いました。

天候にも恵まれ早朝から4時間くらいで終了しました。

 

建物もきれいになったところで、

我々職員も気分一新で、明日からまた頑張ります !!

IMG_2082.JPGクリニックの裏道です。

空のブルーとホワイトスノーが織りなす調和に

心が洗われる朝のひと時でした。

 

バレンタインデーですね、

皆様にとって素晴らしい一日となりますように!

22.JPG一月もはや半ばとなりました。

本来であれば、元旦にご挨拶を申し上げなければ ・・・・

しかしながら、昨年末に糸魚川で大火が発生し、

多くの方々が被災されました。

言葉では表せない思いが皆様方同様に心の中にあり、

今年は控えさせていただきました。

 

さて、最強の寒波が日本列島を覆っております。

今朝は四時過ぎに目が覚め外を確認しました。

幸いなことに小松市内は風は強いですが、

今のところ降雪はありません。

自然の脅威に対しては、人の力は微量であります。

が、備えと想いをもって対抗したいと思います!

 

センター試験に挑まれている学生さん、みなさまの

ご健闘をお祈り申し上げます。

 

今年がすべての方々にとって素晴らしい一年となりますように。

11月22日に消防訓練を行いました。

訓練は年に数回実施していますが、最近は地震や洪水など天災による被害も考えられます。

備えあれば憂いなし! との思いを職員全員が共有し、防災意識を更に高めていきたいです。

IMG_9364.JPG

秋分冬至の中間で、昼夜の長短を基準に季節を区分する場合、この日から立春の前日までがとなるそうです!

とはいえ木々の色づきも始まったばかりで、まだ冬を実感するには早いかもしれませんが、

もう間近に迫っていることを知らせてくれる、立冬の日であります。

 

体調にはじゅうぶん留意され、毎日をお過ごしください!

 

IMG_8967.JPG

( 立冬前日の東尋坊・・・風が強く寒かったです。 スタバ、スナバならぬ、岩場カフェってのがありましたよ!)

         

長い長い秋雨の時期を経て、ようやく秋らしい爽やかな気候になってきましたね。

冬到来までの束の間ではありますが、皆さんはどんな「秋」をすごされるのでしょうか・・・

 

食欲の秋    ・・・・・

読書の秋    ・・・・・

スポーツの秋  ・・・・・

 

小生は、 食欲 > スポーツ > 読書  でしょうか・・・

ついつい美味しいものが目に入ってしまうこの季節、

肥ゆる ・・・ に、気をつけねば・・・

 

23.JPG

旧暦では「長月」、夜長月の略とも言われております。

 

8月は数多くの台風が発生し、全国各地に甚大な被害をもたらしました。

お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、

被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

 

北陸地方は9月のスタートから晴天に恵まれています。

クリニック周辺の田んぼも稲刈りの真っ最中です。

月の後半には連休も控えています。

冬が到来する前の爽やかなこの季節、

気持ちよく過ごしたいですね!

 

さて、今回のワンショットはクリニックの駐車場から撮影したものです。

偶然の産物  ・・・  狙って撮影したわけではありません^^

(合成ではありません)

101.JPG

 

 

2.JPG

熱い戦いも終わりましたね。

皆さん、寝不足は解消されましたか・・・

日本選手の活躍も素晴らしく、4年後の東京に期待が膨らみます。

さて、今日のワンショットは 自然の力を垣間見た瞬間!を。

海水が天空に吸い上げられていく・・・・

こうして雲ができあがるのでしょうか・・・・

(理科は苦手でした・・・)

まだまだ暑い日が続きますが、

どうかお身体にはご自愛くださいませ。

連日暑い日が続いておりますが、熱い戦いも始まりました。

リオのオリンピックに夏の甲子園! 

オリンピックは開幕当初から日本人選手の活躍が目覚ましく、小生も寝不足の日々が続いています。4年に一度の戦いに照準をあわせ鍛錬をされてきた選手には、たとえメダルに手が届かなくとも大きな感動をいただいております。今後の選手皆様のご健闘をお祈りいたします!

また、夏の甲子園では各県の代表選手が故郷の期待を背負い、一生懸命白球を追いかける姿に我々も大きな力をもらいますよね。

そして今日、イチロー選手が大リーグ通算3,000本安打を達成されました! おめでとうございます。

暑くて熱い夏、負けずに我々職員も頑張ってまいります。

6.JPG

( 夏空から見た永遠幸レディスクリニック)

北陸地方も夏本番を迎え、暑い日が続いています。

今日も金沢では35℃の猛暑日になるようで、皆様方におかれましては

熱中症に十分ご注意下さいませ。

 

さて、人生の中には「節目」というものがあります。

進学であったり、就職であったり、結婚であったり・・・

もっと身近で言えば誕生日とか。

この節目というのはある意味自分を振り返る・反省する・思いを新たにする、

そんないい機会ではないでしょうか。

日々仕事や家事、育児などで追われているとなかなか自分自身をふりかえる

時間がありません。

そんな現状だからこそ節目にちょっと考える時間を持たれることも大切なのでは

ないでしょうか。

 

暑い日が続きますが、どうかお身体をご自愛の上、

のりきっていきましょう!

http://www.tamagoclinic.com/

詳しくは、上記HPにアクセスしてみて下さいね。

あの時から四年・・・

震災で亡くなられた方々のご冥福を謹んでお祈り申し上げます。

また、被災された方々に、心よりお見舞い申し上げます。

 

この四年間、自分がどうあったのか...  しっかり見つめ直す一日とします。 


 

http://www.tamagoclinic.com/

今後ともよろしくお願い申し上げます。

阪神淡路大震災から19年 ・・・

震災で亡くなられた方々のご冥福を謹んでお祈り申し上げます。

また、被災された方々に、心よりお見舞い申し上げます。

 

我々一人一人に何ができるのか、そのことをしっかり考える一日にしたいと思います。

 

 

今年の冬は例年になく 風雨が強く、雷鳴を聞く機会も増えているように思われます。

天気予報を見れば、所謂「西高東低」で太平洋側の晴天続きが憎らしくも思えますが、こればかりはしょうがないですね。でも、北陸にはこの時期、美味しい食べ物がたくさんあります。香箱カニや寒ブリ、それらとともにいただく熱燗^^ などなど。

そして、たまの晴れ間からのぞく美しい日の出・・・

2013100806180000.jpg

年末に向け寒さも一段と厳しさを増してきますが、どうか皆様、お身体をご自愛のうえ残りわずかとなりました 2013年をお過ごしくださいますように・・・

抵抗せよ。
  すぐに役立つ人になるな。

  誇り高き0(ゼロ)であれ。

  その仕事は
  ともに生きるためにあるか。


直木賞作家、伊集院静氏の 「贈る言葉」 の一節である。

 

4月1日、今日は日本全国でたくさんの若者たちが社会の仲間入りをしました。

胸ときめかせ門をたたいた人、不安につぶされそうになりながらも門をたたいた人、

いろいろでしょう。

今日、皆さんは新たなる世界に、大人の領域に、スタートを切ったのです。

大人というのは自分の責任を果たせること、同時に自分以外の誰かに何か

をしてあげられる力を持っていること、自分以外の誰かに力を与えることが

できること、それが大人だと思います。

 

今は何もできないかもしれないし、何の役に立つこともできないでしょう。

それは我々が社会人になった時と変わらない。

でも、我々にないものが皆さんにはある。 我々は皆さんに期待しています。

 

当クリニックにも一名、新入社員が入りました。 20歳の「彼女」です。

お昼休みに声をかけました、元気か ・・・

ハイ、元気です !   でも、緊張と慣れない仕事で そんなはずはないよね・・・

負けるなよ ・・・ 

 遠く離れた地に住む小職の娘と同じ歳です。 今日は一日、「彼女」の父親になった思いです。

 

新社会人に 乾杯 !

 

今年は、伊集院氏は若者にどんな言葉を贈るのだろうか・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

img_394325_4518278_3.jpg img_394325_4518278_2.jpg柴山潟、今江潟とならぶ、「加賀三湖」の一つです。

唯一、干拓されずに調整池として残されているようです。 

一周 6.4kmで、カヌーの世界大会も開催されたことがあり、また、日本の歩きたくなる道500選にも

認められています。

 

小職は木場潟を走り始めて今年で6年になりました。

普段はマイペースで一周ですが、調子が良いと二周走ります。

 

春は雪化粧した白山連峰が雄大な姿を見せてくれるとともに、4月の初めには中央園地から北園地にかけて桜ロードがお目見えします。

夏は初夏に花菖蒲祭りが開催され、お盆前後には全国から学生さんがカヌーの合宿にやってきて賑わいます。

秋は紅葉が映える中、木場潟ロードレース大会が開催されます。また、キャンドルナイトウォーキングが行われるのもこの時期です。

冬はコハクチョウが飛来、寒風の中ランニングする猛者たちを励ましてくれます。

 

このように木場潟は、四季折々いろんな顔を見せ、訪れる人達を楽しませてくれます。

走っていると、湖岸に住み着いた子ネコが愛くるしくいつも迎えてくれるのも楽しみのひとつですが、

夏場は小職の大の苦手の、細長くにょろにょろとした生き物が突然に迎えてくれるのは・・・・です^^

 

皆さんも是非訪れてみてください!   (もちろん、いつも行かれている人も多数おられるでしょう)

一周、のんびりと歩いてみてください。いろんな発見があります。

 

そして、何より帰ってからの一杯や、食事がとっても美味しいですよ。

 

追伸   見かけたら是非お声をかけてくださいね・・・

 

あの日から二年・・・

マスコミの報道だけでは我慢できず、何度か被災地域に足を運びました。

言葉にならなかった、現実を見ているとは思えなかった、思いたくなかった・・・

 

被災地域の方々は誰を恨むこともできず、誰に怒りをぶっつけることもできず、

ただただ、必死に今を生きておられます。

 

今、これから自分にできること・・・

  目の前の小さくてもやれることをやる。

  そしてあの日のことを忘れない。

 「 one for all  、 all for one 

 

東日本大震災により亡くなられた方々にお悔み申し上げますとともに、

被災された皆様方に心よりお見舞い申し上げます。

 

image.jpg

けいちつ・・・二十四節気の第3、現在広まっている定気法では太陽黄経が345度のときで今日3月6日ごろを言います。難しい言葉を並べましたが、「大地が温まり冬眠をしていた虫が穴 から出てくるころ」のことを言います。 

いよいよ春到来ですね。長かった冬も終わり待ちに待った季節がやってきます。ここ小松のクリニックからも雪化粧をした白山連峰が澄み渡って見えます。

さて、三月は卒業、四月は入学(入社)と春は区切りの季節でもあります。心新たに新しい世界に飛び込んでいくフレッシュな人達を見ると、はるか二十数年前のことを思い出します。さぁ、社会に出て世のため人のために働き、自分自身を成長させていくぞと意気込んで飛び出して行ったことが昨日のようですが・・・ 果たして初心を完遂できたのだろうか、あっという間の二十数年、その答えは自らが導き出せるものではなく、他人が評価してくれるものです。

当クリニックも早いもので開業して今年で12年目を迎えました。ドクターはじめ職員一同、開業時の思いを大切に、常に来院していただく方々の立場に立った応対を心掛けてまいりました。結果はどうなんだろう・・評価いただくのは来院していただいた方々です。

虫は冬場冬眠しますが、我々は眠ることなくいつもしっかり目を開け真っ直ぐ前を見据えていなければなりません。皆様からいただくいろんな言葉を我々職員一同、心でしっかり受け止め、今一度初心に立ち返り頑張っていきたいと思います。

啓蟄、春到来、新たな季節を迎え 事務局から所感を一言申し上げさせていただきました。

 

追伸  四月から新たに女医さんが一名加わります!!

        


カテゴリー
アーカイブ